キャンセル・カルチャーの歌
〜人民裁判でゴキブリ達をポリコレ棒の血祭りにし、社会の価値観をアップデート〜

ポリコレ決め子(愛称キメちゃん)2021.9.3


鳴くのなら 殺してしまえ ホトトギス
ネタを掴んで 時を選んで

歌の意味

 この世界には恥ずべき思想を平気で口走る者達が存在します。 どんなに優れた仕事をした人でも恥ずべき思想に染まってしまったら、 その人の過去の功績など無価値になります。 例え法律的には「無罪」であったとしても、 そのようなモラルの低い者達の存在を社会的に許してはなりません。 ですから恥ずべき主張をする者達と遭遇した場合、 ネタにできそうな映像やスクショをしっかりと保存しておきましょう。 適当なタイミングで公表して人民裁判で「有罪」とするために。 一番良いタイミングとは、そいつが飛躍のチャンスを手にした時です。 栄光を手にしようとする正にその瞬間に過去の問題行為をポリコレ棒で吊し上げれば、 効果的に有罪を確定して社会からその存在を粛清(キャンセル)する事ができる上、 他の恥ずべき者達の口封じのための「見せしめ効果」も期待できます。 みんなで力を合わせ、 存在価値のない目障りな「ゴキブリ達(フォーク・デビル)」は全て無様に血祭りにしちゃいましょう。 社会の価値観をより高いステージへとアップデートするためには、 「血祭り文化(キャンセル・カルチャー)」は当然の「社会正義」なのですから。 私達にはマスメディアによって正当性と「免状」が与えられているのです。

「恥ずべき思想」の具体例