知識人の公正さ(ウィキペディア英語版)

2016.5.18

以下は英語版ウィキペディアにおける「知識人の公正さ」(intellectual honesty)の簡単な翻訳です。 できるだけ正しく翻訳するように心がけてはいますが、間違っているかもしれません。

Intellectual honesty is an applied method of problem solving, characterized by an unbiased, honest attitude, which can be demonstrated in a number of different ways:
知識人の公正さ」は問題解決に応用され、偏りの無い正直な態度が特徴の、以下のような方法である。 Harvard ethicist Louis M. Guenin describes the "kernel" of intellectual honesty to be "a virtuous disposition to eschew deception when given an incentive for deception.
ハーバードの倫理学者 Louis M. Guenin は、「知識人の公正さ」の核心とは、「ごまかしの機会が与えられた時に、ごまかしをしない高潔な素質」であると述べている。

Intentionally committed fallacies in debates and reasoning are called intellectual dishonesty.
議論において意図的に誤謬を用いた理由付けを行う行為は「知識人の不正行為」と呼ばれる。

A1. 認知バイアス一覧による社会心理学入門

A2. 誤謬一覧による科学哲学入門

A3. 正当化論証の理論

哲学的な立証責任, 道徳主義的誤謬, 知識人の公正さ, プープーの誤謬, 駝鳥政策, ファクトイド, ウーズル効果, 組織的強化, フォークデビル, 関与のエスカレーション, 井戸に毒を入れる誤謬, 無敵の無知論証,


本ウェブページ内容の複製、引用、リンクは自由です。